足立区、台東区、墨田区、荒川区、北区、葛飾区、板橋区、川口市、草加市、八潮市の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)足立西新井ステーション

足立西新井ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】日曜日【電話番号】0120-792-156 お問い合わせ

アルコール依存症について!

2020年09月23日

こんにちはー
足立西新井ステーションの細田です。
元TOKIO 山口達也氏がまたお酒で取り返しのつかないことをしてしまいましたね。
TOKIOファンの私としてはとても残念です・・・

さて、今回はアルコール依存症について触れてみたいと思います。
アルコール依存症とは、自制が利かない飲酒行動により、生活に支障をきたす精神疾患で、過度の飲酒により、アルコールによる精神的・肉体的な作用にとらわれる薬物依存症のひとつです。
次第にアルコールの摂取回数と摂取量が増えていき、飲酒を中断すると離脱症状が生じるようになり、別名「否認の病」ともいわれています。本人に病気であるという意識がなかったり、周囲の人間も性格上の問題として済まされていたりすることも多いみたいですね。

アルコールを摂り続けることによる合併症も問題となり、また、依存症状によって事件や事故を引き起こし、家族や周囲の人間に迷惑をかけることで、社会的な孤立にも繋がる場合もあります。

主な症状
●感情の不安定化 ●手指の震え ●不眠 ●意識障害など
【合併症】
高血圧 ●糖尿病 ●肝疾患 ●悪性腫瘍 ●精神疾患 ●ウェルニッケ・コルサコフ症候群(意識障害、記憶障害、小脳失調、失見当識)
【離脱症状】
●振戦 ●幻視 ●幻聴・せん妄

高齢者の方は特にお気をつけください!

①加齢によってアルコールに弱くなるため、離脱症状が長引き、身体合併症も多く、認知症の原因になることもあります。
②定年退職などの環境の変化で発症することも多く、注意が必要です。

お酒は飲んでも飲まれるなと言うことわざがありますが、無理なく楽しく飲めるお付き合いをしていきましょう!